TOP
家づくりノウハウ
2022.12.26

奈良県香芝市、北葛城郡周辺で一戸建てを建てるならココ!マンションとの比較情報も

メリットデメリットを比べる女性
住宅購入を考える際、ほとんどの方が「一戸建てとマンションのどちらが住みやすいのか」と悩むものです。どちらもメリット・デメリットがあり、理想の暮らし方によって住み心地の良さは変わってくるでしょう。
そこで、今回は一戸建てとマンションのメリット・デメリットを解説していきます。奈良県で新築一戸建てを建てるときの人気エリアも紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

目次

一戸建てのメリット

広いリビング
「夢のマイホーム」といえば一戸建てをイメージする方も多いですよね。一戸建てにはどんなメリットがあるのでしょうか。

広々とした空間

一戸建ての魅力はなんといっても、広々とした空間が取れることです。テレワーク用の書斎や趣味の部屋を設けられ、理想の暮らしに合わせた間取りが叶えられます。また、一戸建ての注文住宅なら駐車スペースも広く取れるのも魅力です。
マンションでは1台につき駐車場代が発生するため、2台持ちの場合は2倍の費用がかかります。しかし、一戸建ては必要台数に応じて駐車スペースを作っておけば、駐車料金を支払うこともありません。

周囲を気にせずに生活できる

独立性の高い一戸建てはプライバシーが確保されるので、不在の時間帯や家族構成などを推測されにくいです。周囲に干渉されにくい環境は、女性や子供が安心して暮らせるという点で評価できます。騒音に関しても、マンションのように気を配る必要はほぼありません。暮らし方の自由度も高く、ペットの飼育や楽器演奏、BBQなどが可能なので、理想の暮らしを叶えられる方が多いです。

資産価値が高い

同じ築年数でも一戸建ての方が資産価値は早く下がっていきます。しかし土地の価値がなくなることはありません。地価が変わらなければ、資産価値は購入時とほぼ同じです。年数が経ち、建物自体の価値がなくなっても、管理・リフォームの状態が良ければ価値に反映されることもあります。またマンションと比較して、固定資産税が低めな点も魅力的です。

一戸建てのデメリット

一戸建てのメリットがかえってデメリットにつながるケースもあります。

セキュリティ面の不安

2020年の警察庁の調べによると、侵入窃盗の発生場所は一戸建て住宅が最も多く37%を占めています。一戸建ては全方向に窓が付けられ採光を確保できますが、侵入窃盗に合う確率もあがります。防犯対策として、防犯カメラやディンプルキーなどの導入も必要だと言えるでしょう。性能の高い防犯カメラは6万円程度、ディンプルキーは1~2万円程度かかります。

交通の便が良くない

一戸建ては駅から離れた郊外に建てられることが多く、利便性の低さを感じることがあります。交通の便が悪いと、通勤・通学に時間がかかったり定期代がかさんだりするケースが考えられます。また、地域によってはマイカーがないと外出が難しい場所もあるでしょう。
「R+house香芝王寺」は土地選びから資金計画、建築工事までをワンストップで実施しています。予算に合わせて暮らしやすい土地を提案しますので、ご安心ください。

家事導線が複雑になる

建築家の図面作成の様子
2階建て以上の一戸建てでは、完璧な家事導線を作ることが難しいです。1階と2階を往復しなければならず、家事効率が下がることも。高齢になると階段の上り下りが辛くなる可能性も考えられます。階段の上り下りが難しくなった結果、1階だけで生活し、2階が機能していないケースは少なからず発生しています。

マンションのメリット

続いて、集合住宅であるマンションの魅力をご紹介します。

利便性の高いエリアを選べる可能性が高い

一戸建ては駅から徒歩15分以内、マンションは徒歩約5分以内が多いといわれています。同調査は首都圏のものですが、奈良県でもマンションは駅周辺に多く、一戸建ては駅から離れた場所に建てられるのが一般的です。住まい選びで最寄り駅までの距離を優先するなら、マンションも候補の一つとなってきます

売却しやすい

土地探し
売却しやすさは立地によって変わりますが、人気エリアのマンションは、購入時価格よりも値上がりする可能性があります。10年程度で売却・貸出する予定があるならば、高値で売却できるマンションの方が有利です。また一戸建てと比較して、資産価値の下がり方が緩やかである点も評価できます。

セキュリティ面で安心できる

マンションの魅力は防犯性の高さです。エントランスはオートロックが採用され、入口やエレベーターには防犯カメラを設置してあります。防犯の設備費用はマンションの住人全員が管理費として支払うため、一人ひとりへの負担も少ないです。
2020年の警察庁の調べによると、侵入窃盗の発生場所で共同住宅(マンションやアパートなど)の認知件数は3階建て以下が約9%、4階建て以上が約4%と低め。分譲マンションの多くが6~12階建のため、防犯率は高いと言えます。

マンションのデメリット

マンションで暮らすときのデメリットは次の通りです。

面積が狭い

マンションは一戸建てよりも面積が狭い建物が多いです。広々とした空間でゆとりのある生活を送りたい方には、ネックとなるポイントでしょう。マンション購入後に家族構成が変わり、手狭になって困ったケースも少なからず発生しています。簡単には買い替えできないことを考えると、家族構成が変わる可能性がある方は、一戸建ての方が向いていると言えます。

上下階の住人との騒音トラブル

マンションで暮らす以上、上下階や隣室に迷惑をかけないように、生活音に気を配る必要がありますよね。子育て世代は、子どもが走ったり騒いだりする音に注意しなければなりません。仮にこちらが気を付けていたとしても、近隣の騒音トラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。近隣階の騒音は住人によって大きく左右される部分なので、不便に感じる方は多いでしょう。

リフォームが難しい

より暮らしやすいデザインを求めて、リフォームを考える方もいます。しかし、共用部分にあたる玄関や窓は、勝手にリフォームできません。また、室内のリフォームにおいても事前に許可を取る必要があり、何かと手間がかかります。一戸建てのように自由にリフォームや増改築ができないため、不自由さは拭えません。

奈良県の人気エリアの実態は?

では、最後に奈良県の住宅事情を紹介していきましょう。

マンション・一戸建ての割合

奈良県が行った2018年の「住宅・土地統計調査」によると、奈良県の住宅総数はやや増加傾向にあり、約74%は持ち家に暮らしています。2013年の同調査では、持ち家の9割以上が一戸建てです。2022年時点でもマンション・一戸建ての割合は大きく変わらず、一戸建てを持つ方が大半でしょう。数々のマンションが建設される一方、一戸建ては今なお根強い人気があるとうかがえます。

奈良県で一戸建てを建てるならココ!

奈良県では、県北西部(葛城郡の上牧町、広陵町、河合町、香芝市の五位堂駅周辺)や県西北部の葛城市が人気エリアです。
特に県北西部が人気を集めているのは、大阪・京都にアクセスしやすい利便性の高さです。また豊かな自然にありながら、便利な暮らしができる点も評価されています。子育て世代も多く暮らす、一戸建てにおすすめのエリアです。

奈良県でマイホームを建てるなら「R+house香芝王寺」へ!

今回は一戸建てとマンションのメリット・デメリットを紹介しました。一戸建てとマンションのどちらが良いと一概に言い切るのは難しいですが、理想の暮らしや間取りがある方は、一戸建てがおすすめと言えるでしょう。R+house香芝王寺は奈良県の土木・建築工事に長く携わり、2022年に創業60年を迎えた工務店です。理想の暮らし、予算に合わせた快適な暮らしをデザインします。家づくりを検討している方は、ぜひ「R+house香芝王寺」へご相談ください。



記事監修者:中小企業診断士(住宅コンサルタント)塩味 隆行
一般社団法人 住宅資産価値保全保証協会認定講師
住宅検討をされている方が後悔しない家づくりを実現いただくため、 全国各地で年100回以上、家づくりセミナーの講師を担当しています。 住宅購入の際に必要となる性能や土地についての基礎知識から、 資金計画などの専門的なことまで、客観的かつ具体的に情報をお伝えいたします。
家づくりの基礎知識 注文住宅 性能
【高気密・高断熱】一戸建て住宅にどちらも大切...
ライフプランから考える住宅購入のタイミングと...
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 10:00~18:30 水・木曜定休日