TOP
家づくりノウハウ
2022.12.26

ZEH住宅を建てるなら断熱材と窓に着目!香芝市周辺のUA値も調査

大きな窓のあるリビング
省エネと創エネを実現するZEH住宅を建築するなら、断熱性と気密性に着目する必要があります。しかし、住宅にどのような材料を使用するかで断熱性と気密性に大きな性能の差が生じてしまうので、断熱材と窓の選定は重要です。
そこで、ZEH住宅に使用するのにおすすめの断熱材や窓をご紹介しましょう。また、奈良県香芝市、葛城市、王寺町エリアのUA値も併せて解説するので、参考にしてみてください。

目次

ZEH住宅におすすめの断熱材とは?

ZEH住宅とは、日々の生活で消費するエネルギーより、太陽光発電などによる自家発電と省エネルギー設備の導入、外皮の高断熱利用などによって、エネルギーの消費量をゼロに近づけた住宅のことです。日本は低エネルギー自給率の国なので、国内エネルギー供給の強化のために政府も推進しており、ZEH住宅に認定されれば補助金も受け取れます。また、毎月の光熱費も大幅に抑えられるので、出費を少なくできるメリットもあります。
ZEH住宅にするには、通常よりも高断熱・高気密な断熱材を選ぶのも重要な選択の一つです。そのため、それぞれの断熱材の特徴をしっかりと把握しておきましょう。ここでは、ZEH住宅におすすめの断熱材をご紹介します。

結露やカビを予防できる「セルロースファイバー」

セルロースファイバーは、段ボールや古新聞などをリサイクルして作っており、天然繊維でできた断熱材です。人と環境にやさしい断熱材として注目を集めています。
繊維の間に空気を含み断熱性を高めてくれるので、高い断熱効果を発揮します。また、硫酸アンモニウムやホウ酸を配合しており、防虫効果もある優れものです。ほかにも、防火性、防音性にも優れており、メリットの多い断熱材と言えます。しかし、価格が高めで、施工にも手間を要するのが難点です。

耐熱性が長期的に安定している「フェノールフォーム」

ポピュラーな断熱材としてZEH住宅の多くに採用されているのが、フェノールフォーム。原料はフェノール樹脂で、ホルムアルデヒドとフェノールが合成されたプラスチックです。
フェノールフォームは熱伝導率がとても低く、高い断熱性を発揮します。同じ厚みであれば、高性能グラスウール断熱材より2倍弱も熱伝導率が低くなるのです。熱伝導率は、数値が低いほど熱を伝えないことを表すので、熱伝導率が低くなるほど断熱性の高い家と言えます。
プラスチックからできている断熱材ですが、長期安定の耐熱性があります。また、130度まで耐えられる耐火性も備えているので、万が一の際も安心です。

JIS規格最高ランクの「高性能フェノールフォーム」

高性能フェノールフォームは、JIS規格の断熱材区分で最高ランクFに該当する高断熱性能の断熱材です。
地球温暖化係数が低い炭化水素ガスを使用したノンフロン発泡製品のため、人と環境に優しい断熱材と言えます。また、ホルムアルデヒドの発生量が少なく、使用制限もない断熱材です。

コスパ抜群の「グラスウール」

リサイクルガラスを原料としているグラスウールは、住宅のさまざまな部分に使用できる断熱材です。燃えにくく防音性能も高いので、住宅以外に映画館など幅広く使用されています。「フェノールフォーム」よりも断熱性能は劣りますが、他の断熱材の半分程度のコストで済むので、コストパフォーマンスに優れた断熱材です。
しかし水に弱いので、湿気対策をしっかりと考える必要があります。断熱材自体は安いですが、追加で必要な防湿施工などの費用も考えたうえで検討したほうがいいでしょう。

通常よりも断熱性アップ「ハイグレードグラスウール」

通常のグラスウールより繊維が細かく断熱性もアップしたものが、ハイグレードグラスウールです。薄くて軽いので、ZEH住宅向きの断熱材となっています。

グラスウールよりやや高性能な「ロックウール」

ロックウールは、岩石のような鉱物から作られた人工的な繊維系断熱材です。同じように鉱物が原料であるグラスウールとの共通点として、燃えにくく防音性が高いところがあります。しかし、グラスウールよりも耐火性・吸音性・撥水性などが高いのでZEH住宅に優れていると言えるでしょう。注意点としては、グラスウール同様に防湿施工が必要となってくるところです。

ZEH住宅におすすめの窓とは?

新築の上げ下げ窓
熱移動が最も盛んな場所が窓だと言われています。夏は約50~70%の熱が窓から流入し、冬は約50~60%の熱が流出するのです。窓用の断熱・遮熱シートで断熱性・遮熱性を高める方法もありますが、どのような窓を採用するのかで断熱性能は大きく左右されます。そのため、窓もしっかり考える必要があるでしょう。ここでは、おすすめの窓についてご紹介します。

樹脂サッシ

現在でも、日本の住宅に使用されている窓のサッシはアルミ製が主流です。アルミは軽量で強度があるので窓サッシに使用されることが多いですが、熱伝導率が高いため、断熱性の観点から樹脂サッシが注目されるようになりました。
樹脂サッシの窓は、熱の出入りを効率的に抑えることが可能です。断熱と聞くと、壁の断熱材性能のみを上げればいいように思いがちではないでしょうか。しかし、窓と壁の断熱性能の差が大きくなると、室内温熱環境に温度差ができ、窓辺から冷気が流れてくるコールドドラフトという現象が起こることがあります。樹脂サッシの場合だと、窓と壁の断熱性能の差が小さくなるので家全体をバランスよく断熱でき、快適性が高まります。
アルミサッシを樹脂サッシにかえると、一次エネルギー消費量を約20%削減することが可能です。
また、樹脂サッシはアルミサッシ以上に腐食やサビが起こりにくいというメリットもあります。

ペアガラス(複層ガラス)

ペアガラスとはガラスが二重になっている構造で、複層ガラスとも呼ばれます。ガラスとガラスの間の層に、空気とクリプトンガスまたはアルゴンガスを封入した構造です。クリプトンガスやアルゴンガスは熱を通しにくい気体のため、高い断熱効果を発揮します。また、断熱性能が高く、温度差で生じる結露が起きにくくなるので、手入れが楽になる・カビの発生が防げるといったメリットも。
シングルガラスよりも厚く強度があるため、防犯効果の面でも安心の設備と言えるでしょう。

UA値とは?奈良県香芝市、葛城市、王寺町エリアのUA値を調査

ZEH住宅のイメージ
高断熱・高気密の住宅として判断するのに参考になるのがUA値です。UA値は、地域によって定められている基準が違います。ここでは、UA値の概要と奈良県香芝市、葛城市、王寺町エリアのUA値もご紹介しましょう。

UA値とは?

UA値は、外壁や床、屋根、開口部などを通して室内の熱がどの程度外へ逃げやすいのかを表した値のことです。UA値が小さくなるほど熱が逃げにくく、省エネ性能が高い家と言えます。

UA値は以下の計算式で求められます。
外皮平均熱貫流率(UA値)=熱損失量(W/K)÷外皮面積(m2)

奈良県香芝市、葛城市、王寺町エリアのUA値

住宅の省エネ性能を図る基準として採用されているUA値は、地域によって異なるので注意しましょう。
ZEH住宅を目指す場合、UA値もZEH基準で設定されており、通常のUA値と異なっております。
下記が各地域のZEH基準でのUA値です。
地域区分とUA値
近畿地方のなかでも奈良県香芝市、葛城市、王寺町エリアは6地域に分類されているので、ZEH基準でのUA値は0.6となります。

また近年では、ZEH基準よりも高い、HEAT20におけるG2基準以上の住宅が注目されています。HEAT20におけるG2基準ですと、UA値0.46以下が基準値となっています。
ZEH住宅を検討している場合は、さらに高性能なUA値0.46以下を目指せると良いでしょう。

高気密・高断熱のZEH住宅を建てるなら「R+house香芝王寺」へ

今回は、ZEH住宅を建築する場合におすすめの断熱材や窓をご紹介しました。断熱材や窓も、何を選ぶかで性能が変わってくることを分かっていただけたと思います。そのため、ご自身の理想の住宅をつくるには、断熱材や窓のメリット・デメリットをしっかりと把握したうえで決めるようにしましょう。
R+house香芝王寺なら、高気密・高断熱のZEH住宅を建てることが可能です。奈良県香芝市、葛城市、王寺町エリアで注文住宅の建築をお考えの方は、お気軽にR+house香芝王寺までご相談ください。



記事監修者:中小企業診断士(住宅コンサルタント)塩味 隆行
一般社団法人 住宅資産価値保全保証協会認定講師
住宅検討をされている方が後悔しない家づくりを実現いただくため、 全国各地で年100回以上、家づくりセミナーの講師を担当しています。 住宅購入の際に必要となる性能や土地についての基礎知識から、 資金計画などの専門的なことまで、客観的かつ具体的に情報をお伝えいたします。
注文住宅 性能 省エネ
グラスウールってどんな断熱材?注意したい点や...
注文住宅でコストダウンをはかるには?奈良県香...
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 10:00~18:30 水・木曜定休日